内視鏡検査について


検査の種類

 内視鏡検査には
 「上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)」
 「下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)」
 があります。

 検査の違いにより各々、発見できる病気が異なります。

 胃カメラでは「胃がん、食道がん、十二指腸がん、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、
 胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎、ピロリ菌感染症」 など

 大腸カメラでは「大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(クローン病)、潰瘍性大腸炎、
 大腸憩室症、虚血性腸炎」 などがあります。

 検査の予約ですがクリニックを受診していただき、診察室にて検査日を決めます。
 内視鏡検査は、原則としては予約制ですが状況により受診当日でも検査可能な
 場合がございますので御相談ください。
 それでは各検査の流れについて以下で説明します。



上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

 朝昼夕は普通に食事していただいてかまいませんが、検査前日の夕食は
 早めに済ませてください。
 ※午後9:00以降は絶食としてください
 お茶や水は検査の始まる3時間前までは飲んでもかまいません。
 

 ※朝食は絶対にとらないでください。






 ※検査当日朝の内服薬の服用については検査予約時に
  医師に御相談下さい。
  なるべく、車の運転は避けて来院してください。




【検査直前】

  まず、検査室にて胃の表面に付いている泡や粘液をとる薬を
  飲んでいただきます。
  その後に、のどや鼻の麻酔を行います(5分程度)。
  のどや鼻の麻酔時に局所麻酔剤(キシロカイン)を使用します。
  ※これまでに歯科治療などの麻酔時に気分不良やアレルギー症状が出現
   したことがある方は医師にお伝えください。
  ※義歯や取り外しのできる歯がある方は、念のため外していただきます。


  検査台に体の左側を下にして横になります。
  検査時に病変の一部をつまみとる『生検(バイオプシー)』と
  いう検査を行うことがありますが、採取時に痛みはありません
  ので御安心ください。
  ※ワーファリンなどの抗凝固薬内服中の場合には行えない場合が
   あります。


【検査終了】

  検査後に内視鏡画像をお見せしながら結果説明をいたします。
  のど麻酔により、のどのしびれが検査後も少し残りますので
  1時間30分程度は飲んだり食べたりしないでください。
  時間が経ち、のどのしびれが消失して特に異常がなければ
  食事をしてもかまいません。

  ※ピロリ菌やピロリ菌除菌について




下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

 検査前日は、基本的には検査食を( 朝昼夕 or 昼夕 )食べていただきます。
 ※よく噛んで、遅くても午後8:00までに必ず召しあがってください。
 ※水分は十分とってください。水、お茶、コーヒー・紅茶(ミルクは除く)、
 スポーツドリンク、 果汁が入っていない清涼飲料水は摂取しても構いません。
 なお、アルコール類の飲用は禁止です。

 便秘傾向の方は、寝る前、下剤(内用液)をコップ1杯の水に溶かして飲んで
 いただくことがあります。



 ※朝食は絶対にとらないでください。
 自宅または当院にて腸をきれいにするための経口腸管洗浄剤を水に溶かして
 2リットルとし、1.5~2リットル程度飲んでいただきます。
 服用した後、便に固形分がなくなるまで数回(6~8回)トイレに行き排便
 します。便がきれいになりましたら検査を開始させていただきます。


【検査開始】

  上半身はそのままで、下半身は検査用パンツ
  (後ろに穴が開いたもの)
  に着替えていただきます。




  検査台に体の左側を下にして横になります。
  ※体位は検査中にいろいろ変える場合があります。

  切除が必要なポリープをみとめた場合には、
  当院より切除可能な病院へ紹介させていた
  だきます。



  検査時に病変の一部をつまみとる『生検(バイオプシー)』という検査を
  行うことがありますが、採取時に痛みはありませんので御安心ください。
  ※ワーファリンなどの抗凝固薬内服中の場合には行えない場合が
  あります。



【検査終了】

  検査後に内視鏡画像をお見せしながら結果説明をいたします。
  検査後は異常なければ食事をしていただいてかまいません。